摂南総合病院ロゴ
サイトマップ問い合わせ
摂南総合病院-検査機器
ホーム病院について診療のご案内入院案内交通アクセス採用情報
ホーム > 診療のご案内 > 診療科 > 眼科
 当院では眼科領域全般に対応した診断、治療を提供し、わかりやすい説明に務めています。一人一人に質の高い医療を提供できるよう、スタッフ一同心より努力してまいります。
 白内障手術は、ほぼ全例が小切開の超音波手術で、常に最新の技術及び手術機器そして医療材料を導入し、安全かつ確実な手術を心がけております。全身疾患を有する患者様、ご高齢の患者様の場合は数日入院の上で手術を行います。又ご要望に応じて日帰り、又は短期入院手術も行っております。
 緑内障に対して、当院では眼圧コントロールのための薬物、レーザー治療を主とし、緑内障で障害された視機能の維持のための検査、治療を行っております。眼圧コントロールが困難で手術加療が必要と判断された場合、提携先の大学病院に紹介させていただきます。
 網膜疾患、眼底疾患では、糖尿病性網膜症、網膜剥離など失明につながる可能性のある疾患に対し、レーザー網膜光凝固治療を行い可能な限り、患者様のQOLの向上・維持に努力しております。手術が必要と判断された場合、症例により、大学から教授に着て頂き、当院にて入院の上、⇒最新硝子体手術機器による手術を受けることも可能です。
 この度、当院では時代のニーズに合わせ最新の超音波白内障手術装置であるインフィニティビジョンシステム(Alcon社製)、網膜・硝子体手術装置であるアキュラシステム(Alcon社製)を導入いたしました。
 両機は、世界的にも高いシェアを誇る機器であり、インフィニティビジョンシステムにおいては、術者の白内障手術イメージをそのまま再現できる新しい発想の装置となっています。その忠実な手術イメージ実現により、最小限のリスクで手術を行うことができ、また最新の機能(Ozil機能)を搭載しているため従来では困難であった重度の白内障に対しても超音波手術が可能となり、より安全性・効率性の高い白内障手術を実現することができました。
 アキュラシステムにおいても高い安全性と信頼性が求められる網膜・硝子体手術において多様な機能を術者の手技に合わせてカスタマイズ、コントロールすることができる装置となっております。また先進的な23Gシステムや25Gシステムなどの狭小切開手術にも対応しているため、より低侵襲手術が実現可能となりました。
診療時間
午前 9:00~12:00 当番医
11:30まで
当番医
11:30まで
藤 本
11:30まで
当番医
11:30まで
白 紙
11:30まで
当番医
午後 16:00~19:00 休 診 (手術日) (特殊外来) (手術日)
18:30まで
 

Copyright (c) 2013 moujinkai All Rights Reserved.